新潟うまいもん

私事(葬祭)で新潟に行ってきたのだが、さすが冬の日本海は海鮮が旬である。

夕食のために家族で訪れたのは、「海鮮亭 羅言」。
東堀通のホテル金寿の2Fにあり、ちょっと高級感漂う居酒屋という感じである。金曜日だったのだが、直前に電話予約をしていたので、待つことなく個室(座敷)に通された。

〒951-8065 新潟県新潟市中央区東堀通8-1429 ザ・ホテル金寿2F
TEL: 025-228-8122

ぐるなび:http://r.gnavi.co.jp/r004300/

お酒は、まずなんといっても「〆張鶴」。
そして「雪中梅」、佐渡の地酒「初花」を堪能させていただきました。
(〆張は、日本酒好きにはホント堪らないウマさである)
義弟のリクエスト「久保田 万寿」も、ちょっといただいた。「万寿」は久々だったが、やはりボクにとっては甘すぎ。万寿か千寿なら、ボクは千寿の方が好き。

ただ・・・帰り際、下駄箱の先に出てみると、女将らしき方が常連さんらしき人を玄関で見送っているところに出くわしたのだが、この女将、ボクら家族へは目礼もなにも無し。
聞こえてきた会話の感じでは、地元の常連さんが東京からの出張者を連れてきたようなのだが、一見さんには目もあわせてくれないのかしらん? 仲居さんや板前さんの気配りや感じの良さに敬服していただけに、ちょっと残念ではあったかな。

▼酒の肴に最高の「のどぐろ」は、個別記事にて紹介。

▼寒ブリの刺身-今が旬の寒ブリ、脂の乗った切り身の厚さに驚き。

▼和牛の握り

▼刺身の「浜盛り」に盛り付けられていた鯛のお頭と背骨がもったいない・・・と、「焼いてもらえないか」と板場にお願いしたところ、焼くのではなくて、みそ汁に仕立ててくれた。4つに割った鯛のお頭からよくダシが出ていて、とても美味だった。

シンノスケ

シェアする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください