ジンギスカン 開拓屋 (札幌)

ススキノにあるジンギスカン『開拓屋』

南5条西4丁目寿ビル1F
ジンギスカン 開拓屋

いかにもジンギスカン専門店って感じの入り口を入ると、煙でいぶかっている店内には、スーツ姿の会社員もチラホラ。
カップル以外にも、女性グループもいました。

店の一番人気メニュー『特製 塩ラム』『特製 生ラム』は売り切れだった。
・・・というか、行ったのは19時半ぐらいですが、ほとんどの主力メニューが売り切れ。
オーダーするたびに「すいません、うりきれで・・」と言われたので、逆に「じゃ、何が残ってるの?」と聞き返してしまった。

“特製”じゃないほうの生ラムなら、ある・・・ということで、それを2人前オーダー。
あとは、本日のお勧めにあった、「ラムタン塩」と「塩ナンコツ」かな。
これに、生ビール2杯とご飯2人前で、¥4,000ぐらい。


『生ラム』
※Nikon D80


『ラムタン塩』
※Nikon D80

味は・・というと、「本場ジンギスカン」というから期待していただけに、普通かなぁ。
安いことは安いが、東京に進出しているカルニチン堂の方がうまいと思う。

ヨメが突然「わっ!」っと声を上げたので何かと思ったら、頭上のエアコン(壁吊り型)から水が垂れてきて、ご飯やタレに入ったようだった。
暑い日でガンガンに冷房していたようで、吹き出す風が白く見えるほどだった。 吹き出し口についた水滴が落ちてくるのだろうけど、煙で汚れたエアコンの外面をつたった水滴なので、茶色いんだよね。 茶碗を移動させても、水滴はポタポタとカウンター上や頭に垂れてくる。 神経質な方ではないと思うが、食事をする側として、これはちょっと・・・
カウンター席の真上のエアコンなので、機器下側を布などでシェードして水滴を逃がすだけでいいと思うのだが。。。。
席を代えて欲しいと言うと、お店の対応は「満席なので・・・すいません」。
お会計をして、早々に引き上げました。

お店に入るとき、お隣のお店 ジンギスカン「だるま」 には5人ぐらいの行列ができていたのに、この開拓屋は待ち無しで入れた。 その時から、なんとなくいやな予感はしてたんだ。。。(笑)
次回はこの ダルマかな。

シンノスケ

シェアする

3件のフィードバック

  1. ピンバック: 札幌・小樽紀行

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください